FC2ブログ
2010年6月に海南市のアマチュア劇団として誕生した“KCM”和歌山にゆかりのある作品を中心に海南から発信できる舞台作りを目指して活動しています。これは、そんな劇団員たちの日々を綴ったDiaryです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2018年08月01日 (水) | 編集 |
   Aひまわり

今日から8月ですね!

6月末には大阪で大きな地震があり、
7月に入ると、台風からの豪雨の影響で、西日本は大きな被害を受けました。

そして、その後には猛暑日が続き、台風の逆走と…

最近は本当に災害が多く、地球は本当に大丈夫なのかと不安になりますね。

自然の驚異には逆らえないですが、自分たちが今何ができるのかを
少しずつでも考えなければならないような気がします。

改めて、西日本豪雨で犠牲になられた多くの方々に、心からお悔やみ申し上げますとともに
一日も早い被災地の復興を願います。

さて、昨夜は火星が地球に最も接近する「大接近」の日でしたね。

お天気も良かったので、見られた方も多かったのではないでしょうか。

火星と地球は、それぞれ異なる周期で太陽の周りを公転しており、
約2年2カ月の周期で接近します。

その中でも、特に近づく「大接近」は、15年ぶりだったそうです。

最接近が午後4時50分だったので、まだ明るい頃でしたね。

前後数週間は接近した状態が続くうえに、火星は6月下旬から9月上旬頃まで
観察しやすい期間は長く続くそうです。

また、8月13日には「ペルセウス座流星群」が極大を迎えるようです。

今年は8月11日が新月のため月明かりの影響がなく、
良い条件で流星を観察することができるのだとか…

時間は、21時頃から流星が出現し始め、
夜半を過ぎて薄明まで徐々に流星の数が増えて、いちばんの見頃は13日の未明だそうです。

最も多いときで1時間あたり40個も見えるそうなので、
是非、皆さんもこの機会に流れ星に願い事をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト