FC2ブログ
2010年6月に海南市のアマチュア劇団として誕生した“KCM”和歌山にゆかりのある作品を中心に海南から発信できる舞台作りを目指して活動しています。これは、そんな劇団員たちの日々を綴ったDiaryです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2020年07月01日 (水) | 編集 |
6251590_00.jpg

今日から7月です!

2020年もあっという間に半年が過ぎてしまいましたね。

コロナウイルスの感染拡大も気になるところではありますが、

梅雨入りしてからは、大雨や暴風など荒れた天気が多いので、
天候にも注意が必要な時期・・・

夏から秋にかけては台風シーズンを迎えるので、コロナ対策に加え、
これからは非常時の非難対策も考えておかないといけませんね。

そして、7月1日からついに、全国でレジ袋が有料になります。

巷でも用途に合わせたエコバックが売られているのをよくみかけるようになりました。

すべてのレジ袋が有料対象になるわけではありませんが、「素材」、「持ち手の有無」
「商品を入れるかどうか」のポイントで有料かどうかが決まるそうです。

まず素材ですが、石油などの化石資源からできたプラスチック製のものが対象です。

植物を原料にした素材が25%以上含まれているもの、
また「持ち手」のついていないもの、
厚さが0.05ミリ以上あって、繰り返し使えるものは対象外です。

そう考えるとけっこう複雑ですね。

今のところ、スーパーやコンビニの多くでは、有料となる見通しだそうです。

そして、気になるお値段は、お店側が自由に決める事ができますが、
スーパーやコンビニなどでは普通のサイズでおおむね3円前後とするところが多いようです。

レジ有料化でプラスチックごみの削減に一定の効果はあるそうですよ。

お財布に負担ですが、プラスチックごみが地球にかける負担は深刻です。

レジ袋の年間の消費量は、国内で1年間に出るプラスチックごみの量の

3~4%程度と試算されていますが、
有料化はこれまでの生活スタイルを見直すきっかけになるかもしれませんね。

みなさんも是非、今日からはエコバックのご使用を(^_^)/

スポンサーサイト



2020年06月01日 (月) | 編集 |


6月に入りました!2020年も、もうすぐ折り返しですね。

今年は、年明けからほとんど新型コロナウイルス問題がトップニュースでしたが、

やっと全国で発令されていた緊急事態宣言も解除されましたね。

およそ2ヶ月間続いた自粛生活も緩和され、

少しずつではありますが、日常を取戻しつつあるのでしょうか。

でも、やはり油断はできないので、日頃からの予防には徹底しないといけませんね。

なかなか元の日常に戻るにはまだまだ時間がかかることだと思います。

ウイルスとともに生きるということは、今まで以上に人との接触を減らしたり

距離を取ったりしなければいけない。

この乖離は、相手が嫌いだから離れるのではなく、相手を好きだから離れる。

しばらくは、心とは逆の行動に戸惑うこともあるかもしれませんが、

少しずつ変化を受け入れていかなければならないのかなと思っています。

そして、コロナウイルスの影響で4月から開館が延期になっていた

海南市の新しい施設『海南nobinos』が、本日遂にオープンすることになりました!

市民が皆さん楽しみにされていた施設なので、

無事にオープンが決まり、嬉しい気持ちです。

ただ、しばらくは入場制限や規制もあるようなので、

大勢の人が集まることは難しいかもしれませんが、

いつかここが、沢山の笑顔が集う憩いの場になればいいなと願います。

図書館には絵本が沢山あり、飲食ができるスペースもあり、

ホールも大きく、多目的室も沢山あり、また外には公園もあり、

海南市には画期的でとても綺麗な施設です。

ぜひ、皆様も一度お立ち寄りくださいませ。

2020年05月01日 (金) | 編集 |
  

今日から5月に入りました!

元号が『令和』になり、早1年が経ちましたね。

世間はGW真っ最中ではありますが、やはり今年はコロナウイルスの影響もあり、

レジャーや帰省、旅行は自粛ですね。

お天気が良いのがせめてもの救いなのですが、

子どもたちは特に外で思いっきり遊べないのが残念ですね。

自粛生活、皆さんはどのようにお過ごしですが?

部屋の掃除をしたり、映画を見たり、

DIYをして家を改造したり、気分転換に散歩もいいですね。

今はお仕事もテレワークになったり、スマホを使ったオンラインでの会議

テレビではリモート出演など、今は家に居ても外部と繋がることがある程度できるので、時代の進化を感じますね。

勿論、実際に人と会ったり、触れ合ったりできることができないので、

映像だけでは物足りないこともあるのですが、

これを機に、バーチャル映像技術がもっと進化して、

遠くに居ても人と人とが繋がれるようになればいいなぁと思っています。

さて、もうすぐ母の日ですね。

今年は帰省がなかなか難しかったりするので、

贈り物をするのも良いかもしれませんね。

お花も素敵ですが、今は家族の思い出写真を使った本や

カレンダー、時計など、オリジナルのプレゼントも流行っているようですよ。

思い出の写真を整理して、家族で過去を振り返るのも楽しいかもしれませんね。

皆さんがそれぞれの場所で、楽しいGWが過ごせますように…

2020年04月01日 (水) | 編集 |
sakura.png

今日から4月に入りました!

先週あたりから桜も見頃を迎え、海南市もそろそろ満開となりそうで

本来ならお花見シーズン真っ盛りのこの時期ではありますが…

現在世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響もあり、

今年は自粛が多くみられますね。

新しい年度初め、学校も新学期となる4月ですが、

地域によっては入学式の中止や学校再開の延期もあり、

今日が入社式という会社も、人との間隔を空けて実施されたり、

ネットを通じて行ったりと感染防止対策が取られたそうです。

一つの国から発症したウイルスは、日本各地、そして世界にまで広がり、

遂には、芸能界やスポーツ界まで感染者が出るという事態に…

目に見えないものほど恐ろしいものはないなと、改めて感じました。

日々感染者が増える中、東京オリンピックも1年の延期が決まり、

今年に目標を合わせていたアスリートの方々には影響が大きかったと思います。

暗いニュースが多い中でも、少しでも前向きにネットを通じて何かを発信したり、

この機会に新しい何かを発案される方々も多く見られますね。

この状況は、まだまだ終息が見えないのが現実です。

未知の病原体なので、専門家の方でも様々な意見があると思います。

でも、この世界規模の危機的状況に対して、

それぞれが今、自分が何をすべきなのか? 

ということを、もう一度よく考えなければならないと思っています。

これ以上、感染を拡大をさせないために、

そして一日でも早く、平和な日常が取り戻せるように…


2020年03月01日 (日) | 編集 |
royalhotel-hinamatsuricake-650x443.jpg

今日から3月です!

世間は今、2月に入って世界的に流行し始めた新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。

2月後半からは、各地で学校が臨時休校となったり、

レジャー施設が休園したりライブやイベントが次々に中止になったりと、

いたるところで、影響が出ていますね。

特に、今年卒業を迎える学生の皆さんにとっては、

一生に一度の卒業式が、いつもの形で行えないところもあったりで、

そういったニュースを見ると、少し切ない気持ちになります。

勿論、皆さんの健康が第一ですから、安全を守るための対策としては

仕方がないことなのですが、こういった状況に陥ると

日頃の当たり前の日常が、どんなに素晴らしいことなのかを改めて感じますね。

人と触れ合えること、学校に通えること、公演が行えること…

人間はウイルスには負けてしまいますが、

そんな逆境の中、春を告げるように木々が芽生え、

花々が咲き誇っている姿を見ると、

どんなことがあっても季節は進んで行くのだなぁと実感します。

コロナウイルスが終息して、

皆様に1日も早く、普段の日常が取り戻せることを願うばかりです。

そしてもう一つ、この3月29日をもちまして、劇団がいつもお世話になっている

海南市民会館が閉館致します。

昭和38年の開館より、皆さまに親しまれてきた市民会館。

閉館となると、とても寂しい思いですが、

市民会館最後の日に、劇団メンバーからも、

感謝をお伝えできればいいなと思っております。

2020年02月01日 (土) | 編集 |
   

2月に入りました!!今年は年明けから暖かい日が続いているので、

2月と言えど、まだ冬本番の寒さではなさそうですね。

年明けから巷を騒がせている、コロナウイルスの影響で、

例年になくインフルエンザ以上に新型肺炎が懸念されているので、

予防をしっかりして、対策を考えなければならないところですね。

さて、今年は閏年ということで、2月はいつもより1日多い29日までとなりますが、

4年間に1度だけ1日増えるって、よくよく考えると不思議な現象ですよね?

その理由を探ってみると…

地球は、太陽の周りを365日かけてまわっているのですが、

4年の間に、1日分だけズレが起こってしまうそうで、

そのために、4年に1度、2月の日数を1日多くして29日にしたのだそうです。

でも、どうして2月に1日プラスされるのということも気になりますよね?

その理由は紀元前にまで遡りますが…

その昔、紀元前に採用されていた暦に、ローマ暦というものがあり、

このローマ暦では、1年の始まりは3月からだったのです。

つまり、2月が1年の終わり。

閏年を設定するとき、この流れから、1年の終わりに微調整しよう!!

ということで、2月が閏年の月として採用されることになったそうです。

皆さんは4年に1度という特別な1日をどのように過ごされますか?

2020年01月01日 (水) | 編集 |
   年賀

2020年、明けましておめでとうございます!!

昨年、5月から始まった『令和』という元号も、

いつの間にか浸透して令和も2年目に入りましたね☆

今年はいよいよ日本でのオリンピック開催の年!

まだまだ先だと思っていた東京オリンピックも、遂に今年なんですね。

今からとても楽しみで、待ち遠しいです。

そして、2010年に創立した劇団KCMも

遂に今年、10周年となる節目の年を迎えます(^O^)

今年は、令和最初の年明け、2020年代の幕開け

更にネズミ年ということで、干支も始まりの年。

ということで、新しい気分で新年を迎えられますね。

皆様は、どんなお正月を過ごされていますか?

初詣やカウントダウンに出かけられたり、

ご実家に帰省されたり、家でご家族とゆっくり過ごされる方も

いらっしゃるのではないでしょうか(^_^)

それぞれのお正月、どうぞ楽しくお過ごし下さいませ。

2020年が皆様にとって素晴らしい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

今年も劇団KCMを宜しくお願い致します!!

2019年12月01日 (日) | 編集 |
  

今日から12月です。あっという間に2019年も最後の月になりましたね。
令和元年も、あと少しで終わりです。

来年は2020年、いよいよ東京オリンピックの年ですね。

オリンピック開催が決まった時は、まだまだ先のことのように思っていましたが、
もう来年なんですね(*^_^*)

日本でのオリンピック開催が楽しみです♪

さて、12月と言えば、大きなイベントの一つにクリスマスがありますね。
クリスマスと言えば、連想するのはサンタクロースですが…

サンタクロースは本当にいるのか、皆さんもご存じでしょうか?

サンタクロースの起源はもともと4世紀にトルコに実在した聖人、
聖ニコラウスがモデルといわれています。

不幸な人々を助けるために様々な奇蹟を起こす庶民の味方として親しまれていました。

貧困のために身売りをしようとした娘の家の煙突へ金貨を投げ入れ、
その一家を助けたという伝説は、そののちサンタクロース・ストーリーの原型といわれています。

また、アメリカに伝わったサンタクロースの言い伝えでは、その故郷が北極とされています。
そこで、北極圏のある、フィンランドラップランドであると考えられるようになりました。

サンタクロースの住処は、ラップランドのコルヴァトゥントゥリの山中で
サンタクロースのお手伝いをする妖精『トントゥ』と一緒に住んでいます。

妖精トントゥは、赤いトンガリ帽子に赤い服を着た妖精で、フィンランドのいたるところ、
森の中や家々に住んでいて、普段は私たちの目につかないところで人間のお手伝いをしているそうです。

そして、フィンランド ラップランド地方にはサンタクロース村があり、
そこには、サンタクロースの部屋、サンタクロース郵便局、クリスマスグッズの店などがあるそうです。

サンタクロースの部屋では、遥か遠くコルヴァトゥントゥリから
毎日やってくるサンタクロースに会うことができます。

サンタクロース郵便局では、毎日世界中の子供から届く手紙に囲まれて、
トントゥたちが働いています。

こう聞くと、サンタクロースは実在するんだなぁ…と思ってしまいますよね。
想像するだけで、夢が膨らむお話です。

一度でいいので本物のサンタクロースさんにお会いしてみたいものです(*^_^*)
2019年11月01日 (金) | 編集 |
nenrin_2.jpg

今日から11月です!

10月は大きな台風が関東地方を襲い、

他府県にわたり、河の氾濫などの水害が発生しましたね。

昨年は、関西も大きな被害を受けましたが、

ここ数年で、台風の被害がどんどん大きくなっているような気がします。

改めて、被害に遭われた地域の皆様に、心からお見舞い申し上げます。

一日も早い、復興を祈るばかりです。

10月は中旬ごろまでは暑さが残っていたのですが、

最近はすっかり秋めいてきましたね。

さて、11月は和歌山県で、国体に続くビッグなイベントが行われますね。

ねんりんピック 紀の国和歌山2019 です!!

「ねんりんピック」の愛称で親しまれている「全国健康福祉祭」は
60歳以上の方々を中心とした健康と福祉の祭典です。

スポーツや文化など多彩なイベントが開催され、
地域や世代を超えた交流の輪が広がっています。

厚生省創立50周年を記念して、
昭和63年に兵庫県で第1回大会が開催されて以来、毎年開催されているそうです。

令和元年は、第32回大会を和歌山県で初めて開催となります!

例年、スポーツ・文化交流大会には、全国から約1万人の選手・役員が参加され、
その他開催期間中、美術展や健康関連イベントも多数開催される予定です。

期間は、令和元年11月9日(土)~11月12日(火) 

大会開催期間中には、和歌山県の食や特産品など、
和歌山の魅力を一堂に集めた“ふれあい広場”や豊かな経験や知識を活かして、

さまざまな地域文化や伝統芸能の伝承活動を紹介する“地域文化伝承館”、
全国の愛好者が創作した美術作品を鑑賞できる“美術展”など、

年齢に関係なく、どなたでも楽しむことができる各種イベントを開催されます。

太極拳と囲碁は、海南市内で行われます(^_^)/
是非この機会に、ねんりんピックを一緒に盛り上げましょう!!

2019年10月01日 (火) | 編集 |
   秋

今日から10月です!!

暦の上ではすっかり秋…と言いたいところではありますが、

昼間は、まだまだ気温が高い日が続いていますね。

昨月は台風の発生も多く、関東での被害が大きかったので、

10月は少し気候も落ち着いてくれればいいなと願うばかりです。

そして遂に、この1日から消費税が10%に値上がりしましたね!

食品はまだ8%ではありますが、日用品の買い溜めや高級品、家電製品など、

9月末は駆け込み需要が多かったようです。

3%に始まり、5%、8%、10%と上がり続ける消費税。

庶民の懐は痛みますが、

日本経済のことを考えると仕方がないのかなぁ…と思ったり(^_^;)

更に、もう一つの大きな話題は…

先日から行われている、ラグビーワールドカップJapan!!

ラグビーのルールはサッカーや野球に比べると難しいようですが、

日本チームが世界の強豪チームに負けじと立ち向かっているので、

応援側も大盛り上がりですね(*^_^*)

普段はあまり大きく取り上げられないスポーツなので、

この機会に、少しでもラグビーがメジャーになるといいですね☆

2019年09月01日 (日) | 編集 |


今日から9月です!

今年の夏は、例年より梅雨明けが遅かったこともあり、
いつもより、夏を感じる時間が短かったような気がしますが、

気が付けば、季節はもう秋。

日中はまだまだ暑さが残りますが、
朝夕が涼しくなったり、夜は虫の声を聞いたりと、

秋を感じることが多くなりました。

秋と言えば、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋と
何をするにも気候が良い季節と言われていますが、

昨年は台風が多く発生し、被害も多かったので、
今年はあまり台風が来ないことを祈るばかりです。

さて、今年は『食欲の秋』について、取り上げてみたいと思います。

9月の旬の食べ物と言えば…

まずは、新米。「実りの秋」とは、まさにお米にあてたい言葉ですね。

稲の穂が実り、私たちのもとにもおいしいお米が届けられます。

産地、銘柄ですこし日にちのずれはありますが、
9月になると新米がずらりと店頭に並びます。

新米という文字をみると、ちょっとウキウキしますよね。

それに合わせて、おいしいものをいっぱい食べたい気持ちになりますよね。

そして、魚の旬は、やはりサンマ!

この時期が一番脂ばのっていておいしい季節です。

さんまも秋になると食べたくなる魚ですね。

更に、9月は戻りカツオの旬の季節です。

戻りカツオとは北から南へと下ってくるカツオのことで、

初カツオより、しっかり脂がのっていて、もっちりしているのが特徴です。

果物は、梨!

幸水は7月と早い時期で、夏場に店頭にならびますが、

9月の旬の品種は、豊水、二十世紀梨ですね。

他にもまだまだ沢山旬な食べ物がありますので、皆様も是非

旬な食べ物で、秋を感じてみてはいかがでしょうか?

くれぐれも、食べ過ぎにはご注意くださいね(^○^)

2019年08月01日 (木) | 編集 |
  

8月に入りました!

今年は梅雨入りが遅かったので、7月下旬までは梅雨寒が続き、
なかなか夏らしいお天気にはならなかったのですが、

梅雨が明けると一転。
一気に気温も上昇し、日照り続きの毎日ですね。

皆様も、熱中症には充分お気を付け下さいませ。

8月といえば…花火大会や夏祭りですね!

海南市でも、8月は毎年恒例の海南ふるさとまつりや黒江の下駄市、
下津ふるさとまつりなどが行われます(^○^)

そして更に、本日8月1日~は、『かいなん夢風鈴まつり』も始まりました♪

JR海南駅構内のかいぶつくんやうるわし館、
他にも海南市内の10神社にて行われるこのお祭りも、海南市では毎年恒例となりました

風鈴をメインとしたお祭りです!

猛暑続きの毎日ですが、風になびく風鈴の音を聞くと、
少し涼を感じる気がしませんか?

今日は、そんな風鈴について調べてみました(^_-)

風鈴は、中国から伝わった「風鐸(ふうたく)」がもとになったと言われています。
古くは唐の時代の中国に、占風鐸(せんふうたく)という占いがありました。

竹林の東西南北に、風鐸という青銅でできた鐘のようなものを吊るし、
風の向きや音の鳴り方で物事の吉凶を占うもので、政治判断等が行われていたそうです。

この風鐸が、日本に仏教とともに伝わったと言われています。
当時の日本では、強い風は流行り病や邪気などの災いを運んでくると考えられていました。

風鐸は、その音が聞こえる範囲は聖域とされ、災いから守ってくれるものとして
お寺の軒の四隅に吊るされるようになったのだそうです。

平安時代には、貴族が魔除けとして軒先に吊るしていたそうで、
「風鈴」という呼び名は、この頃から使われるようになったとされています。

縁側は日当たりの良い南側にあることが多いのですが、
南西が裏鬼門という不吉な方角にあたること、

また気温が高い時期は伝染病が流行りやすかったことなどから、
暑い夏に魔除けの意味も持って飾られたのではないかと想像されます。

この暑さですと、さすがに外に吊るして
風鈴に涼しさを求めることはなかなか難しいのですが、

室内でもエアコンや扇風機の風が当たる場所に吊るせば、
弱い風で控えめに鳴る風鈴が楽しめます。

玄関に吊るして、暑い外から帰ってきた瞬間に涼しげな音を感じるのもいいですね。

皆さんも是非、今年の夏は風鈴を楽しんでみてはいかがでしょうか(^○^)

2019年07月01日 (月) | 編集 |
  409b972e25d8faf1ebfa2f003e1059710b94f0bb.jpg

今日から7月です!早いもので、2019年も後半に入りました!

7月といえば、もうすぐ梅雨明け…と言いたいところですが、
今年の関西は記録的に遅い、6月後半の梅雨入りでしたね。

6月中はお天気が続き、真夏並みに気温が上がる日も多かったです。

九州地方では水不足も心配されていましたが、
そうかと思えば急に災害レベルの大雨が降ったりと、

なかなか予測ができない天気が続いていますね。

近年は大雨による被害も多いので、
皆様も梅雨時期の雨の降り方にはお気を付け下さいね。

さて、7月は別名で文月とも言われますが、その意味・由来・語源には諸説あります。

なかでも、「文被月(ふみひろげづき、ふみひらきづき)」が略されて
「文月」に転じたという説が有力だそうです。

この文被月とは、書道の上達を祈って、短冊に歌や願い事などを書く、
七夕の行事にちなんだ呼び方だといわれています。

ほかにも、収穫が近づくにつれて稲穂が膨らむことから
「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくむづき)」が転じて

「文月(ふづき)」になったという説、
稲穂の膨らみが見られる月であることから
「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

文月には、別名や異称で表されるさまざまな呼び名があります。

陰暦では、7月から9月が「秋」となるため、
7月である「文月」が、秋の最初の月になるため「初秋」とも呼ばれます。

文月の終わりには暑さもやわらぎ、
涼しい風を感じることもあるため「涼月」とも呼ばれていたようです。

織姫と彦星が年に一度再会する七夕を含む文月では、
お互いが愛して逢う月ということから「愛逢月」とも呼ばれました。

7月7日が七夕なのにもかかわらず、8月に七夕が催される地域があります。
これは陰暦に関係があったのかもしれませんね。
陰暦を知ると、より季節感を感じられるという良さがあるのではないでしょうか。

2019年06月01日 (土) | 編集 |
60024597_420902132063137_1193383111259636224_n.jpg

今日から6月に入りました!

元号が令和になってから、早くも1ヶ月が経ちましたね。

そろそろ『令和』の響きにも慣れてきた今日この頃です(*^^)

先月は5月と言えど、例年にも増して初夏のような日が続いていましたね。

北海道でも、かなり高い気温が観測されたとか…

今年は冷夏になると聞きましたが、その分暑さが早まっているのでしょうか(^_^;)

梅雨入り間近なので晴れの日は貴重なのですが、

あまり気温が上がりすぎないことを祈るばかりです。

6月は1年で唯一祝日がない月でもありますね。

父の日以外に、大きなイベントが少なそうな月ではありますが、

6月16日は和菓子の日なんだそうです。

なぜ6月16日が和菓子なのかというと…

西暦848年6月16日に、仁明天皇が御神託に基づき、

16個のお菓子やお餅などを神前にお供えをし、

疫病を除け健康招福を祈願したことが始まりなんだとか。

意外と知られていないようですが、

それを知ると和菓子が食べたくなってきますね(^○^)

皆さんも是非、6月16日には和菓子を食してみては如何でしょうか?

2019年05月01日 (水) | 編集 |
  shisyu_reiwa_top_1080_convert_20190502072629.jpg

令和元年5月1日

おめでとうございます!!

いよいよ、この5月1日より、新元号『令和』の時代が始まりました。
新時代の幕開けですね!!

天皇陛下が譲位されるのは約200年ぶりとなり、
ここ数年は生前退位がとても話題になりましたね。

異例とも言われておりますが、日本では過去に
天皇陛下が生前退位をされることは57回もあったそうです。

31年間続いた平成の世を振り返ると、本当に色んなことがあったなと思います。

時代はとても変化しましたね。

インターネットが普及したり、テレビがデジタル化されたり…

また、医療や開発技術の発達も世界に大きく影響を与えました。

目まぐるしく変わる時代の中で、
古き良き時代を継承しつつ、更なる新しい風が吹くよう

名付けられた『令和』という新元号。

4月の元号発表から世間は『令和』に湧き

改元に因んで、グッズが沢山売り出されたり、
アーティストが曲を作ったりと、まさにお祭りムードですね。

昨日も、平成最後の日を惜しだり楽しんだりと、
世間はお正月以上に盛り上がっていたような気がします。

新しい令和の時代も、

皆様にとって素晴らしい時代となりますよう願いを込めて…


さて、劇団は令和元年初日から、6月公演の顔合わせでした!

6月公演は新作ミュージカル『MAHOROBA』―遥かなる大和の旅― です☆

今回は改元に因んで、和歌山が舞台の日本神話の物語となっております(*^_^*)

詳細をアップいたしますので、どうぞお楽しみに♪

2019年04月01日 (月) | 編集 |
  

今日から4月に入りました!

今年は暖冬だと言われておりましたが、3月後半からなかなか暖かくならず、

桜の開花も予想以上にゆっくりのようですね。

東京は、関西よりかなり早く開花しましたが、

関西は先週くらいだったでしょうか…和歌山もやっと桜が咲きはじめました。

毎年桜が咲くと、暖かくなってくるような気がするのですが、

今年は4月に入っても花冷えが続いていますので、桜が長く楽しめるかもしれませんね。

昨日のさくら祭りでは、亀池公園の桜は三部~五部咲きくらいでしたので、

今週末あたり、満開になるのではないかと…

週の後半からは暖かくなりそうですので、

皆様も是非、お花見に出かけてみては如何でしょうか?

そして、今月はいよいよ平成最後の月ですね。

31年続いていた平成が終わるのは、少し寂しい気もしますが、

本日、新元号が発表となり、来月からは『令和』元年となります。

新しい元号は、万葉集の一節を用いて作られたとのこと。

『令』という文字は元号には使われたことがないそうで、

とても新鮮な響きですね。

これから始まる新しい時代への期待が感じられます。

この『令和』が平和で穏やかな時代でありますよう、願いを込めて…

残された平成最後の時間を大事に過ごそうと思います。

2019年03月01日 (金) | 編集 |
momo.jpg

今日から3月です!2月前半は寒さ厳しい日が続いていましたが、

今年は暖冬ということもあり、後半は気温が10度を上回り、

もう春が来たのかと思うくらい暖かい日が多かったように思えます。

南の海上には、この時期には異例の台風が既に発生しているようで…

海水温も例年より高いようです。

昨年は台風の被害がかなり大きかったので、

この時期から『台風』というワードを聞くと少しぞっとしますよね。

北海道では大きな地震も多発しているようで、3月11日の東日本大震災の日を前に、

今年はあまり自然災害が少ないことを祈るばかりです。

旧暦では、弥生(やよい)と呼ばれている3月。

弥生の由来は、「弥」にはいよいよという意味、「生」には生い茂るという意味があるので、

「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が短くなったとする説もあるようです。

また、弥生以外にも花月(かげつ)、桜月(さくらづき)、桃月(とうげつ)、

花見月(はなみづき)、雛月(ひいなづき)など、多くの異名があります。

どれを見ても、春を感じられる名前ですよね。

2月の梅から桃に続き、咲き始める桜の花。

今年の和歌山の桜の開花予想は、3月21日ということで、

昨年に続き、3月中には桜も見ごろを迎えそうですね。

今年も3月はお花見シーズンとなりそうです。

皆様も是非、3月の花を楽しんでみては如何でしょうか(*^_^*)

さて劇団は、明後日3月3日(日)に

海南市立巽小学校にてMusical『ワンダーランド』を公演致します。

いよいよこの演目も千秋楽!今年度最後のステージとなりますので、

お時間のあります方は是非お越し下さいませ(*^^)


2019年02月01日 (金) | 編集 |


今日から2月に入りました!

年が明けたと思ったら、あっという間にもう一ヵ月が過ぎましたね。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る…

とよく言われるように、1~3月は本当に過ぎるのが早いような気がします。

今年は暖冬だと言われていますが、先週あたりは急に冷え込みが激しく、

雪のたよりもありましたね。

まだまだ寒さは続きそうですが、暦の上ではもうすぐ春。

和歌山では、梅の花も咲いているところも多く

花を見ていると季節の移り変わりがよく感じられますね。

節分の翌日は立春ですので、

少しずつ春の足音が聞こえてくるといいなと思います。

さて、2月といえば…節分やバレンタインがメインイベントのように言われておりますが、

2月22日には猫の日というものもあります!

猫の日は日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり、

日本だけでなく、世界各国で制定されており、ロシアは3月1日、アメリカは10月29日なんだそうです。

日本における猫の日は、愛猫家の学者・文化人が構成する猫の日実行委員会が

「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」
という趣旨で1987年に制定しました。

2月22日が選ばれた理由は、
猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の

語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決定したそうです。

2月になると猫の日に因んだお菓子やグッズもお店によく並んでおりますので、

皆さんも是非一度注目して見てみてください。

さて劇団は、明後日2月3日(日)に

海南市立中野上小学校にてMusical『ワンダーランド』を公演致します。

お寒い中ではございますが、お時間のあります方は是非お越し下さいませ(*^_^*)

2019年01月01日 (火) | 編集 |


2019年 明けましておめでとうございます!!

遂に、平成最後の年が始まりましたね。

年が明けたところではありますが、平成31年は残すところ後4ヶ月。

今年の5月には新しい元号に変わるのですね。

次の元号は4月1日に発表ということで、

どんな元号になるのか、今から楽しみです。

今年は猪年ということで…干支も十二支の中で最後の年。

平成最後の年に干支も最後の年という

偶然にもどちらも節目の年になりましたね。

この31年で、世の中は本当に色んなことがありました。

時と共に変わってゆくもの、そして変わらないもの。

過ぎゆく時代に思いを馳せながら、来たる時代に希望を抱いて…

平成最後の時間を大切に過ごしたいなと思います。

本年も、皆様にとって素晴らしい1年となりますよう

心よりお祈り申し上げます。

2018年12月01日 (土) | 編集 |
1繝斐・繧ケ譁ー縺励>蟷エ2017鬮倡エ壹け繝ェ繧ケ繝槭せ陬・」セ逕ィ繝帙・繝繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繝悶・繝・」・」セ髱エ荳矩」セ繧顔畑蜩\convert_20181213010609

遅ればせながら…
気が付けば、既に12月でした(^_^;)

最近やっと寒くなり、冬らしい気候となりましたが、
12月に入ったばかりの頃は、まだまだ暖かい日が続いていましたね。

今年は暖冬だと聞いておりますが、やはり寒さ対策は必要ですね。

さて、12月といえば…クリスマスの季節です。

クリスマスといえばサンタクロースにクリスマスプレゼントですが、
不思議なことにクリスマスプレゼントってなぜか靴下の中に入れますよね。

でも、なぜクリスマスプレゼントは、靴下の中に入れるのでしょうか??

クリスマスプレゼントを靴下に入れるようになったのは、
サンタクロースの起源と言われている人物の聖ニコラウスの話が関係しているようです。

昔、聖ニコラウスの近所にとある一家が住んでいました。

その一家はとても貧しく、3人娘がいたが嫁に出せないので
仕方なくこの娘たちの身を売ろうとしていました。

その話を聞いた聖ニコラウスはとても同情し、
夜中に煙突から大量の金貨が入った袋を投げ入れたそうです。

煙突から投げ入れた金貨が、たまたま暖炉のそばに干してあった靴下の中に…

翌朝、起きてきた家族が靴下の中を見るとそこには大量の金貨が入っていたので、
とても驚いたそうです。

聖ニコラウスは次女の時も三女の時も同じようにして、娘たちを救いました。
おかげで、3人娘は結婚して幸せになったとか。

それで、クリスマスプレゼントを靴下の中に入れるというのが定着したそうです。

でも、靴下にプレゼントって入らないですよね?

日本では大きなツリーがある家が少ないので枕元ですが、
アメリカではサンタクロースのプレゼントは枕元でなくツリーの下に置くのが定番です。

靴下は吊るしておいて、そこには小物のプレゼントを入れるんだとか。

『stocking stuffers』といって、靴下に詰める用のグッズが
毎年クリスマスシーズンになると売られるんだそうですよ。

皆さんも、是非クリスマスには靴下を飾ってみてはいかがでしょうか?