FC2ブログ
2010年6月に海南市のアマチュア劇団として誕生した“KCM”和歌山にゆかりのある作品を中心に海南から発信できる舞台作りを目指して活動しています。これは、そんな劇団員たちの日々を綴ったDiaryです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2016年04月13日 (水) | 編集 |
           14繧キ繝ォ繝神convert_20160409193758


『公演を終えて…』も本日で最終回です♪

14人目は、脚本・演出そして魔王シルバ役を演じました、李弥さんです(^_^)/


昨年、12月から年を跨いで3公演。
寒さ厳しい中での稽古、そして本番と本当にお疲れ様でした。

2015年の夏に初演をさせて頂いたこの作品も、
気が付けば、もう4回も公演させて頂き、
多くの皆様にご観劇頂けましたこと、大変嬉しく思っています。

いつも新しい作品を生み出す際は、再演のことなどはあまり考えず
1度の公演が成功するためだけに全力を注いで作るので、

このように、一つの作品を何度も再演させて頂けることは、
作者としても幸せなことだと実感しています。

出演者の皆様には4回の公演で色んな役を演じて頂きましたが、
同じ役を極めて下さった方も、毎回違う役を演じて下さった方も

公演を行う度に、それぞれが新たな気持ちで稽古に励んで下さり、
それがまた、新鮮に感じることができました。

そして、2月公演の直前には、仲間との悲しい別れがありました。

日々懸命に稽古に励み、舞台に立つことを楽しみにしていた
彼女のことを思うと、今でも辛く胸が痛む思いです。

そんな状況の中、彼女の思いを胸に最後まで公演と向き合って下さった
出演者をはじめ、周りの皆様には沢山支えて頂きました。

無事に公演の幕を降ろすことができましたこと、
感謝の気持ちでいっぱいです。

公演にあたりお手伝い頂いたstaffの皆さま。
応援して下さった沢山のお客様。

ご協力頂いた全ての皆様、本当にありがとうございました。



人との出逢いは、本当に奇跡だと思う…。

少しでもタイミングがずれていたら、少しでも道を逸れていたら
出逢えていなかったのかもしれない。

そうしたら、一緒に笑ったり、怒ったり、
悲しんだり、喜んだりすることはなかったのかもね。

でもきっと、この出逢いに間違いなんてないはず。

だって、こんなにも沢山の幸せを残してくれたから…

あなたに出逢えて、本当に良かった。

                            中村 李弥

スポンサーサイト



2016年04月13日 (水) | 編集 |
         13繝峨Ο繧キ繝シ_convert_20160409193712

役者の皆さんからの声も残すところあと2人となりました!

本日は、主役のドロシーを演じました由佳さんです♪


ドロシー役を務めさせていただきました仲岡由佳です。
去年の夏公演から計4回、キャストの入れ替えもありそれぞれが
少しずつ違った公演になったのではないかと思います。

ビビ役に椿さん、案山子役に正木さんと尊敬する先輩たちと
初めて1たい1で演技させてもらって本当に勉強になった公演でした。

特に椿さんとは一緒のシーンが多かったのですが、
初めはその存在の大きさに緊張しちゃって
恋人役でもないのに妙にドキドキしちゃったり、セリフを噛んじゃったりとミスの連発・・・

でも、たぶんそんな私の感情に気付いてくれたんでしょうね。
椿さんが練習の合間や休憩時間に二人の距離を縮めようと話しかけてくれました。

お話の中ではドロシーの方が無理やりビビを友達にしていたのに、
現実は全くの逆。ほんとあの時はすいませんでした!!

今回ビビと演じていて一番身に染みて感じたのは違和感があってはいけないということ。
一人の人間がまた別の一人の人間を演じるのだから、そこには自然と不自然さが生まれる。

その不自然さは自分が他人を演じる際に違和感に変わり、
それが観客に嘘をついているんじゃないかという危惧に変わる。

そう感じている限り、私はドロシーでなく仲岡由佳のままなのだと否が応でも知らされました。
椿さんはそういった違和感を何度も稽古をされて取り払おうとしていました。

私もいつかはドロシーは私しかいないとみんなに思ってもらえるような
演技を自然体でできたらいいなって思います。

最後に、まきちゃん・・・
今でもまきちゃんにもう会えないなんて信じられません。

ひょっこり練習室のドアを開けて元気よく
「おはよーございます」って入ってくるんじゃないかって・・・

いつも場を盛り上げようと気を配ってくれたまきちゃん。
でも、その反面傷つきやすくもあるまきちゃん。
いろんな顔を見せてくれた。

私たちはあなたと過ごした日々を決して忘れません。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
また、次の公演で会えることを願って。

                                 仲岡 由佳


2016年04月12日 (火) | 編集 |
       12繝薙ン_convert_20160409193657

そして秋の公演から引き続き、今回もゲスト出演して下さいました

シルバの妹ビビ役の椿さんです(*^_^*)


昨年12月から3回、「オズの魔法の国」に出演させて頂きました。
お稽古も本当に楽しく、そして舞台に立てる幸せを感じました(*^^*)

楽しい時も、辛い時も、変わりなく相手を思いやる心と、
舞台が大好きな気持ちを持っている劇団員の皆さんと、

そんな皆さんを支えていらっしゃる方々の気持ちが一つになり、
3回とも色の違う作品になって、たくさんの方に見て頂けたのだと感じています。

そんな作品に出演できたことが、とても嬉しいです。

そして終演後、サプライズで、プレゼントと素敵すぎるアルバムとメッセージを、
劇団員の方とスタッフの方々から頂きましたぁっ(*≧∀≦*)

皆さんの気持ちが詰まっていて、優しく、温かく…
言葉にならないくらい、幸せ過ぎる贈り物でした(*≧∀≦*)

お稽古でお忙しい中、プレゼントを考えてくれたり、
似顔絵を書いてくれたり、アルバムを作ってくれた時間は、私の宝物です

感謝の気持ちでいっぱいです(〃^ー^〃)
本当にありがとうございました♡♡♡

この気持ちを大切に、またステップアップできるよう、
1日1日大切に精進します(*^O^*)

支えて下さった皆様、スタッフの方々、劇団員の皆様、
そして、見に来て下さった皆様、
本当に、ほんとうにありがとうございました(≧∇≦)

                                 椿   悠


2016年04月12日 (火) | 編集 |
          11繧ォ繧ォ繧キ_convert_20160409193639

そして、今回『空色の地図』以来、久々の出演となりました

2月公演でカカシ役を演じました正木さんです!


今回の公演は自身2年ぶりの出演となりましたが、
学校での公演ということで子供たちと遊ぶ感覚で楽しく演じることが出来ました♪

演じるうえで人間ではないキャラクターの特徴を出すことが大きな課題でした。
「カカシ」ってどんなんなん??みたいな 笑

しかも漢字にすると「案山子」・・・

そういえばさだまさしの曲にあったな・・・

でも参考にするととても寂しい感じになるな・・・どうしよ・・・

などと思案しながらイメージをふくらましていきました。

学校公演の醍醐味は
子供たちの無邪気な反応が伝わってくるおもしろさ!

生身の人間が異世界を紡ぐライブ感を、
もっと子供たちが体感する機会が増えたらいいなと思います!

                             正木 吉紀

2016年04月12日 (火) | 編集 |
         10繧ヲ繝ォ繧ケ繝ゥ_convert_20160409193622

続きまして、魔女3姉妹の長女ウルスラ役を演じました

西さんからです(*^。^*)


オズの魔法の国、西の国の魔女ウルスラ役
黄色担当の西 知美です。

今回のオズ3公演に関わって下さった全ての方々に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございましたm(__)m

この作品は夏の初演から4回にわたって公演をしましたが、
役替わりや新曲やダンスのフォーメーションの変更もあり変化と

進化をお届け出来たかと思います。

ここまで来るには色々ありましたが
稽古場は温かさと笑顔で溢れそれぞれに与えられた課題も

対話を大切に皆で支えあって乗り越えることが出来ました。

スタッフの方々も無事成功の為に
キビキビと動いて下さりとても心強く励みになりました。

1つの公演を無事に終わらせることがどれだけ大変なことか…
改めて深く感じた公演になりました。

                            西   知美

2016年04月11日 (月) | 編集 |
       ・吶Λ繧、繧ェ繝ウ_convert_20160409193606

そして12月公演ではカカシ役、2月公演では再び

ライオン役を演じました将也くんです(*^^)v


今回の演目「オズの魔法の国」では12月の公演では
知恵の無いカカシ

2月の公演では勇気の無いライオンを演じました。

同じ演目で役が代わることは初めての経験で
とても勉強になりました。

同じ衣装とセリフでも演じる人が違えば同じキャラクターでも
こんなに変化を付けられる事を実感し

舞台の奥深さを改めて知りました。

この経験を次に繋げられるように頑張りたいと思います。

最後に観劇に来てくださった皆様スタッフの皆様
本当にありがとうございました。

                           川田 将也

2016年04月11日 (月) | 編集 |
         ・倥い繝ウ繝峨Μ繝・繝シ_convert_20160409193544

そして8人目は・・・

語りのアンドリューを演じました和佐くんです(^O^)


共演者の皆様、
そして忙しい中来てくださったスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

アンドリュー(吟遊詩人)役は物語の合間に登場し、
物語を繋げる非常に重要な役所だと実感してます。

とにかく観客の皆様に少しでも理解してもらえるように、
台詞はなるべくゆっくり丁寧にを心がけました。

でも演技も台詞もまだまだ未完成な箇所が多いので、
次回出演できる機会があったなら、もっとクオリティを上げたいですね。

ありがとうございましたm(__)m♪

                            和佐 裕一郎

2016年04月11日 (月) | 編集 |
     繧ェ繧コP2750977_convert_20160409200028

さて、続いては仲間たちの一人、

ブリキの木こり役を演じました松浦くんです☆


去年の夏公演のオズから5公演、共演者に恵まれ、とても楽しく過ごすことが出来た。

新春公演では、公演直前に不幸な出来事があり、劇団全員が深い悲しみに陥った。

でも皆が力を合わせ、支え合いながら何とかやり遂げれた。

途中、仕事場が変わり新春公演は出演も無理かなとか思いながら、

何とか両立して、ギリギリで出来たので良かった。

仕事の関係もあり、次回からは裏方として出来たらと思う。  

                                松浦  誠


2016年04月10日 (日) | 編集 |
           ・悶が繧コ_convert_20160409193352

6人目は、ヘンリーおじさん&オズ大王様を演じました

有本さんです(*^_^*)


無事に公演を終えた。

今、色々のことがありましたが、みなさんの暖かい応援のお陰と感謝しています。

ご観覧いただきました皆さんはじめ、陰で支えていただいたスタッフの皆さん、
本当にありがとうございました。

とても、いい作品に出演できてよかったです。

また、今年度最後の公演で地元で舞台に立ち地元の皆さんに観ていただき、
本当によかったです。

お褒めの言葉もいただき、ありがとうございました。
最後に、いっしょに舞台たった、劇団のみんなありがとう。

                                有本 勝則

2016年04月10日 (日) | 編集 |
        ・輔う繝ゥ繧、繧カ_convert_20160409193327

そして、5人目は・・・イライザ役を演じました望さんです(*^^)v


はじめ、私はブリキの役で出演する予定でした。

しかし、松浦さんが出演できる様になり、
ビビの姉貴分であるイライザ役をさせて頂く事になりました。

嬉しかったのですが、私がイメージするイライザと
自分自身が大きくかけ離れていたので、(主に見た目が…)

私で大丈夫なのかなと思いながらも、
あえて考えないようにして練習に励みました。

好きだけど、なかなか覚えられず苦手なダンスは
リーヤさん、椿さん、西さん、ゆかさん、ゆうちゃん、かなちゃん…、

沢山の方に教えてもらい、練習に付き合ってもらい頑張りましたが、
本番で間違えました

反省するところも沢山ありますが、
少しずつ成長していけたらと思います。

仕事も忙しかったのですが、
週末の練習はとても楽しく充実した時間を過ごす事ができました。

KCMの皆さん、いつも応援し支えて下さるスタッフの方々、
忙しいなか時間をさいて観劇に来て下さった方々、本当にありがとうございました!

                                江川  望

2016年04月10日 (日) | 編集 |
             ・斐げ繝ェ繝ウ繝€_convert_20160409193918

続きまして、12月公演ではライオン役、そして

2月公演ではグリンダ&エルフィを演じました裕美ちゃんです☆


皆様、お疲れ様でした。
初演にエムおばさんとエルフィー
再演にライオン
学校公演ではグリンダさんに初演と同じエルフィーをやらせて頂きました!

オズをやる度に役が代わって楽しかったです♪
でもその度にライオンはどう演じよう?グリンダさんはどう演じよう?
と悩みながら稽古を重ねてきました。
前役の方達とは違う、私が演じる役

私の中でグリンダさんは、大人っぽく落ち着いていて
優しくふんわりとしたイメージを持っていて
でも「大人っぽくなくていいよ」と言われても中々イメージから離れられず
私らしいグリンダさんを見つけられずにいました。

高いヒールを普段履かないので少し怖くもあり
背が低いので高くなった気分で嬉しくもあり(笑)

星のステッキもどうすれば魔法使いらしくなるだろうと試行錯誤しました。

そして…大好きな仲間との別れ
私の1つ年上のお姉さんで、明るく皆のムードメーカーで
分け隔てなく接してくれるから、友達のように思っていました。
面倒見が良く、困っていたら直ぐに助けてくれるし
周りをよく見ていて進んで動いてくれるしっかりした人でした。
よく私にも話し掛けてくれて、時には助け合い、笑い合って
彼女との日々は凄く楽しいものでした。
稽古終わりに食事にも行ったりして、次も会えるものだと思っていました。

突然の別れ、戸惑い、寂しい気持ちでいっぱいです。
それでも彼女も含め、皆で創り上げてきたものだから
彼女と一緒に舞台に立ちたいから
私達は悲しみを心の奥にしまって、本番を迎えました。

反省点はありますが、後悔はなく、やりきったつもりです。
私なりのグリンダさんで、しっかり楽しみながら演じさせて頂きました!

これからも彼女との思い出を大切に
そして沢山の舞台を一緒に立ちたいと思います。
頑張っていきますので、応援宜しくお願いします。

                           坂口 裕美

2016年04月09日 (土) | 編集 |
         ・薙い繝ェ繧キ繧「_convert_20160409193902

3人目は、12月の公演で初舞台を踏み、

2月公演では魔女のアリシアを演じました佳奈ちゃんです♪


初舞台で皆様には本当にお世話をかけました。
今回の舞台で色々な経験ができ自分の成長につながりました!

上手くできずに焦ることもありましたが、その度にみんなに支えてもらい
仲間として絆を深めていく経験もでき、みんなで過ごせた時間は本当に宝物です。

後半はアリシアさんとしてセリフを頂き演技をする楽しさを知りました。
そして、今回の舞台で何より感じたのは出演者のみんなやスタッフのみんな、

そしてお客様と一緒に舞台を作ってみんなで楽しむ喜びややりがいです。
また、皆様と舞台を作る経験がしたいので今後ともよろしくお願い致します。

                               菊井 佳奈

2016年04月09日 (土) | 編集 |
        ・偵お繝_convert_20160409193845

続きまして2人目は、エムおばさんと2月公演では

マルグリット役を演じました谷口さんです☆


お疲れ様でした~

突然の代役で自分の中では全く余裕がありませんでした(>_<)

演技はさておき、

みどりのカツラをかぶって別人になって、楽しかったです(^-^)

ありがとうございましたm(__)m

谷口 由香


2016年04月09日 (土) | 編集 |
        ・代お繝ォ繝輔ぅ_convert_20160409193830

遅くなりましたが、本日より『オズの魔法の国』公演を終えての
役者の皆さんからの感想をアップ致します。

まずは、12月公演に出演致しました、グリンダ&エルフィ役の池田さんです。


公演お疲れ様でした

12月の公演ではたくさんの人に支えられ

感謝の気持ちでいっぱいでした

2月の公演は参加出来なかったのですか初めて

学校公演を見させて頂きました

皆の団結力が強くてたくさんの感動をいただきました

改めて舞台について考えさせられました

また皆さんと一緒に公演に参加させて下さい

よろしくお願いします

ありがとうございました

                      池田 多美